当院では、昨年から市民公開講座を行っております。今年も、6回の講座を行い、毎回100人近い住民の皆様のご参加をいただきました。おかげさまで大変好評をいただきました。そこで、来年も、さらにパワーアップして市民公開講座を行いますので、ご期待ください。


 今回は、私がお話ししたのは「入浴について」です。ご参加できなかった方のために、このブログに内容を掲載しましたので、ご一読いただければ幸いです。 
    お風呂は怖い?                 

  「入浴関連死」という言葉をご存知ですか。入浴関連死とは、狭い意味では、「入浴中に何らかの理由で死亡した状態」で、入浴死とも呼ばれます。広い意味では、「洗い場、脱衣場などでの転倒、入浴後部屋に戻っての死亡、さらに洗い場から浴槽内に転落しての死亡」も含めまれます。
  消費者庁の発表によれば、家庭の浴槽での溺死者数は平成26 年には4,866 人で、平成16年の2870人の1.7倍に増えています。そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めます。しかし、この報告は、実際に起こっている事故の一部で、入浴死は、全国で17,000人にものぼると推計されています。

 また、厚生労働省の研究班の調査では、救急車で運ばれた患者数から推計した入浴中の事故死の数は年間約19,000 人です(平成25年度、入浴関連事故の実態把握および予防対策に関する研究)。これは、死因が溺水以外の疾病等と判断されたものも含みます。

 最近、『ヒートショック』(急激な温度変化が体に及ぼす影響の事)という言葉を耳にされる方も多いと思います。ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響の事です。まわりの温度が急激に変化することで血圧や心拍に負担をかけると、身体的な影響をもたらすヒートショックが起こります。入浴死は、冬季に多く、12 月から2月にかけて全体の約5割が発生しています。
入浴中の急死の原因は①虚血性心疾患などの心疾患、②脳血管障害、③溺死などがありますが、このうち心臓疾患が半数以上を占めるといわれています。さらに、意識消失の原因については、①熱中症に陥り意識障害を起こし溺没する、②浴槽から出る、体を洗うなどの動作により、血圧変動が大きくなり一過性脳虚血発作が起こる、③入浴中は座位であること、高温環境で血管拡張を来しやすいことから、低血圧が誘発されて神経調節性失神に至る、④不整脈が関与する、等が考えられています(日本法医学会課題調査報告)。

 入浴関連死は、そのほかにも、長湯をして脱水となり、入浴後床に入ってから脳梗塞や心筋梗塞を起こすなど、入浴が誘因となって死亡する場合もあります。洗い場で子供がはしゃいで、転倒して頭を打って死亡する場合や、子供が浴室で遊んでいて、浴槽に転落するなどの事故もあります。乳幼児の死亡原因では、5歳〜9歳では第一位が不慮の事故で、その30%が浴室内での死亡事故です。年間100件以上とも言われています。

安全に入浴するために、以下の点に注意しましょう。
(1) 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
湯を浴槽に入れる時にシャワーから給湯すると、シャワーの蒸気で浴室の温度が上がります。沸かし湯の場合は、浴槽の湯が沸いたところで、十分にかき混ぜて蒸気を立て、蓋を外しておくことも良いでしょう。
(2) 湯温は41 度以下、湯に漬かる時間は10 分までを目安にしましょう。
のぼせてぼうっとするなどの意識障害が起こると、やがて体温は湯の温度まで上昇し、熱中症になる可能性もあります。
(3) 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
入浴中には湯で体に水圧がかかっています。入浴中の血圧は、普通の人でも200mmHg以上にまで上がっているといわれています。その状態から急に立ち上がると体にかかっていた水圧が無くなり、圧迫されていた血管は一気に拡張し、脳に行く血液が減り脳は貧血状態になり一過性の意識障害を起こすことがあります。いわゆる、湯あたりです。浴槽から出るときは、手すりや浴槽のへりを使ってゆっくり立ち上がるようにしましょう。
(4) アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
アルコールを飲んだ後は、血管が拡張して血圧が下がりやすい状態です。そのような状態で入浴すると、入浴中に血圧が上昇し、入浴後の血圧が極端に低下します。高齢者では、食後に血圧が下がりすぎる食後低血圧によって失神することがありますので、食後すぐの入浴は避けましょう。体調の悪い時や睡眠薬等の服用後も入浴は避けましょう
(5) 入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。
入浴中に体調の悪化等の異変があった場合は、早期に対応することが重要です。



入浴者の異常を発見した場合の対処法


浴槽でぐったりしている人(溺れている人)を発見したら、
1.浴槽の栓を抜く。大声で助けを呼び、人を集める。
2.入浴者を出せるようであれば浴槽内から救出する。ただちに救急車を要請する。出せないようであれば、蓋に上半身を乗せるなど沈まないようにする。
3.浴槽から出せた場合は、肩を叩きながら声をかけ、反応があるか確認する。
4.反応がない場合は呼吸を確認する。
5.呼吸が無い場合には胸骨圧迫を開始する。
6.人工呼吸ができるようであれば、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を繰り返えるとよいでしょう。できなければ胸骨圧迫のみ続けるだけでも効果が期待できます。

 入浴中の急死は昔からありましたが、検視・検案の対象になることは少なく、死因も「湯あたり、脳卒中(脳溢血)、心筋梗塞」などで、「溺死」が前面に出ることはありませんでした。しかし、近年高齢者人口の増加に伴い、これが看過できない問題になってきています。
交通事故死は、年間5000人以下なのに、ほぼ毎日報道されています。しかし、入浴関連死はその数倍もあります。入浴関連死は防げる死因です。本来ならば、マスメディアでは「入浴関連死」をもっと報道すべきです。
浴槽内で死にたくなければ、入浴しないことが一番ですが、入浴するならば、それだけの覚悟をしてください。