今回は、平成29年12月2日に、足利日赤で行った「第3回腎不全食事療法実践講座」にご出席の皆様に、お約束した事をご呈示致します。
 随時尿から、1日の食塩摂取量と蛋白摂取量を計算する方法です。
 
 採血で血清クレアチニン(mg/dl)、随時尿で、尿中クレアチニン(mg/dl)、尿中ナトリウム(mEq/L)、尿中尿素窒素(mg/dl)を測定します。
 各施設により単位が異なる場合がありますので、ご注意ください。

 計算には、身長と体重、年齢が必要です。

まずは、こちら(クリック)からエクセルファイルをご自分のコンピューターにダウンロードしてみてください。  
       
  食事計算式(Excel)

 ステップ1氏名、検査日は必須ではありません。
 ステップ2必須入力項目に、年齢体重身長血清クレアチニン(mg/dl)
                        尿中クレアチニン(mg/dl)尿中ナトリウム(mEq/L)尿中尿素
                        窒素(mg/dl)を入力します。

 ステップ3右側に、推定Cr排泄量、Na排泄量が表示されます。これは計算
                        用です。その右に、結果が示されます。推定食塩摂取量推定
                        蛋白質摂取量
が表示されます。


 次の患者の計算をする場合には、必須項目を入力後、右側の黄色い部分(計算式)をコピーしてください。
  
注意点
  1) 最も信頼おけるデータは、早朝空腹時の尿で測定した場合です。
   2) 随時尿では、朝食を抜いて昼頃に測定した場合は、食後では、
        大きく出る可能性があります。
   3) 尿が薄い場合には、思わぬ結果が出る事があります。
   4) 私の経験では、概ねの傾向を見るのには十分と思います。
        同一個人では、信頼のおける程度の再現性を認めます。
   5) 蓄尿と比べると精度が劣りますので、あくまでも参考値として用いて
        ください。

 このシートを個人毎に作成して、経過を見る方法があります。
 個人毎にファイルを作成するとよいでしょう。
 「図作成」を開いてください。「別の名前で保存」で患者のファイルを作成します。
 原則的な方法は、上の方法と同じですが、eGFR(ml/min)と尿蛋白濃度(mg/dl)を入力してください。
 作図のためには、検査日の入力が必須です。
 
 検査日が多くなった場合には、図をクリックすると、「検査日、eGFR、尿蛋白」が枠で囲まれています。この枠の右端を下にドラッグすると、作図が完了します。
 
 おまけとして、図にy=-0.0274x+1229.5という数字が表示されています。これは、eGFRの近似式です。Xの係数は、1日当りの腎機能悪化速度を表しています。下の方に、xの係数を入力すると、その下に、1年間の腎機能悪化速度が表示されます。

 この数字を用いると、透析導入をeGFR 5ml/minとすると、それまでの時間が計算できます(月)。
 基準日は、透析予想の黄色枠をダブルクリックすると、検査日に枠が表示されます。その枠を、再診検査日に合わせると計算できます。
 検査日から、何か月後にeGFRが5ml/minになるかを予想します。
 屈曲点がある場合には、図をクリックして、枠が表示されますので、その枠を任意の部分に合わせると、その間の悪化速度が計算できます。


皆様の日常のお仕事に少し役に立てれば幸甚です。